タテックス有限会社によるISO9001,140001,27001の規格等のコンサルティングサービス、第三者審査に関連した情報の発信をしています。

4. 組織の状況

SWOT分析とは


ここSWOT分析とは、企業や事業の現状分析のための分析手法のことです。
SWOTとは、StrengthsのS:強み、WeaknessesのW:弱み、OpportunitiesのO:機会、ThreatsのT:脅威の頭文字をとっています。

自社を取り巻く環境による影響と、それに対する自社の現状を分析しながら、自社のビジネス機会を発見するための分析方法です。この重要な要因は、次の2つに分類します。
  • 内的要因 ; 強み(S)と弱み(W)
  • 外的要因 ; 機会(O)と脅威(T)

内部要因は、自社でコントロールできる要素であり、SWOT分析で具体的に言えば、強み(S)と弱み(W)に当たります。
具体的には、人材、財務、製造力などのほか、マーケティングの4P(Production(商品)、Price(価格)、Promotion(販売促進)、Place(立地・物流))が含まれます。
内的要因は、目標への影響により強み、又は弱みとなります。
ある目標についての強みは、別の目標についての弱みとなる可能性があるということです。~


外的要因には、マクロ経済、ミクロ経済、業界やタスク環境などが含まれます。
具体的には、政治動向、法令・規制、経済・景気、社会動向、文化の変化、技術動向、業界環境の変化や顧客ニーズなど、自社の努力で変えられない要因があげられます。これら外部環境を分析して、機会(O)と脅威(T)を導き出します。

マクロ経済の分析はPEST分析が有名です。政治(規制や法律)(P)、経済(E)、社会(S)、技術(T)を分析するものです。
業界のタスク環境を分析するには、5つの力を分析する5F分析があります。5F分析は、業界内の各プレイヤーの交渉力の強さから競争の度合いを分析し、業界の収益性の高さを把握します。新規参入、代替品、買い手、売り手、競合の面から機会と脅威を模索します。
その他、PLC(製品ライフサイクル) の観点で分析することもあります。市場製品の競合や市場にニーズの変化から製品ライフサイクルに及ぼす影響を把握します。また、バリューチェーンの観点でみることもあります。

SWOT分析の進め方


SWOT分析の目的は、目標を達成することにとって重要な内的および外的要因を特定することです。

これらの分析は、下記のようなマトリックス形式で表わすと分かり易く問題点を整理できます。
強み弱み
機会 
脅威 

この表で、クロスした空欄には、以下の観点でまとめてみます。
  • 強み×機会
    • 「強み」によって「機会」を最大限に活用するために取り組むべきことは何か?
  • 強み×脅威
    • 「強み」によって「脅威」による悪影響を回避するために取り組むべきことは何か?
  • 弱み×機会
    • 「弱み」によって「機会」を逃さないために取り組むべきことは何か?
  • 弱み×脅威
    • 「弱み」と「脅威」により最悪の結果となることを回避するために取り組むべきことは何か?

SWOT分析の弱点


SWOT分析はあくまで1つの手法であり、次のような弱点も存在します。
  1. 例えば、目標を達成する際に本質的に重要であることを考えずに、単なるSWOTリストの編集に注力してしまう可能性があります。
  2. また、弱い「機会」と強い「脅威」を釣り合わせるために、明確な優先順位や批判なしに分析が行われる可能性があります。

慎重に分析を行うためには、いかなるSWOT項目も早期に取り除かないことが重要です。
個々のSWOT項目の重要性は、それが生み出す戦略の価値によって決まります。
即ち、価値ある戦略を生み出すSWOT項目は重要であり、生み出さないSWOT項目は重要ではないと判断されます。

SWOT分析の回避すべき誤り


SWOT分析に関して以下のような誤りが観察されたことがあり、注意が必要です。
  1. 目標を定めて同意をとる前にSWOT分析を行う。そのような分析結果には意味がない。
  2. 外部の「機会」と内部の「強み」を混同する。これらは別々にしておく必要がある。
  3. SWOT項目を戦略と混同する。戦略は行動を定めるのに対して、SWOT項目は状況を説明するものです。この誤りは「機会」の分析に関して特に発生します。この誤りを避けるためには機会を「見通しが明るい状況」と解釈しておくことも有用です。


当社では、ISO9001:2015、ISO14001:2015、ISO27001:2013など各種マネジメントシステムの構築、改良、新規格移行などのコンサルティング、並びに内部監査員研修、経営戦略の策定と展開についてのコンサルティング、研修サービスを行っております。

御見積りは信頼と実績のタテックスまでお問合せください。


   お問合せは、ここをクリック→お問合せ
~
~
~
~
~

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人のみ編集できます